敏感な赤ちゃん肌に負担を与えない方法|洗濯は別々にしたほうが良い

女の人と赤ちゃん

授乳や離乳食作りに最適

ボトル

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクの調乳や離乳食作りに最適です。また、授乳中のお母さんも産前産後問わずに水の摂取は重要になりますので、ウォーターサーバーを導入すると簡単に水を摂取することができます。

もっと読む

最低2〜3本は用意を

哺乳瓶

赤ちゃんが産まれる前に、哺乳瓶は最低2〜3本は用意しておきましょう。たとえ母乳が順調だったとしても、急に必要になる事があるので練習しておいたほうが良いです。メーカーにより様々な特徴がありますので、迷ったら産婦人科の先生に聞いてみたり、パパに相談するのも良いでしょう。

もっと読む

1歳くらいまでは別々に

タオルとぬいぐるみ

専用の洗剤を使いましょう

生まれてきたばかりの赤ちゃんは、肌が大変繊細です。ですから、直接赤ちゃんの肌に触れる服やガーゼなどは、大人の洗濯物とは別に、赤ちゃん専用の洗剤を使って選択したいものです。大人用の洗剤は、頑固な汚れにも対応できるよう、石油由来の合成界面活性剤や蛍光増白剤などがふくまれており、赤ちゃんの肌に触れるものを洗濯するにはあまり向いていません。もちろん、いつまで分けて洗濯するのかという明確な決まりはありませんが、面倒に感じるかもしれませんが1歳くらいまでは、分けて洗濯すると良いでしょう。特に大人の服の汚れがひどい場合や大人の新品の服を洗う時、また大人用柔軟剤を使う時などは、赤ちゃんの服とは分けて洗濯する方が良いでしょう。

気を付けること

もちろん、別々に洗濯するのは手間ですし、洗剤も2種類常備する必要があります。しかしながら、赤ちゃんの肌は薄く角質細胞が大人より少ないため、乾燥しやすく刺激を受けやすいのです。赤ちゃんが成長し肌が強くなれば一緒に洗濯することができるようになりますが、大人用に切り替える際には少しずつ数枚から試しながら、徐々に一緒に選択するようにしましょう。また、洗剤と同様に気を付けたいのが、柔軟剤です。赤ちゃんに使うものは柔らかくしたいと考えがちですが、柔軟剤には洗剤以上に界面活性剤が入っていることもあります。月齢の低い赤ちゃんには柔軟剤は避けましょう。また香りの強い洗剤や柔軟剤も赤ちゃんには刺激が強すぎるので避けた方が良いでしょう。

必要に応じて最適な種類を

赤ん坊

赤ちゃんが生まれてすぐは、あまり出番の少ないベビーカーですが、少しずつ赤ちゃんとの外出も増え、赤ちゃんの体重も増えてきたらベビーカーがあると大変便利です。様々な種類の中から、生活スタイルに合わせたベビーカーを選ぶことが大切です。

もっと読む