必要に応じて最適な種類を|敏感な赤ちゃん肌に負担を与えない方法|洗濯は別々にしたほうが良い

敏感な赤ちゃん肌に負担を与えない方法|洗濯は別々にしたほうが良い

赤ちゃん

必要に応じて最適な種類を

赤ん坊

ベビー用品の中でもメジャーな商品といえるベビーカーですが、実はそんなに急いで用意する必要もありません。なぜなら赤ちゃんは基本的に一ヶ月健診を過ぎるまでは、外出させませんし、寒い季節ですと一ヶ月健診を過ぎても、まだまだ免疫力の低い赤ちゃんを連れて、あまりお出かけしたくはありません。更に、生後2・3ヶ月の赤ちゃんはそれほど重たくもありませんから、抱っこでもお出かけすることが可能です。ですから、ベビーカーは産後しばらくたってからの準備でも遅くはありません。とは言うものの、赤ちゃんと外出も少しずつ増え段々と体重の増える赤ちゃんをいつまでも抱っこでお出かけするのは大変です。やはり、ベビーカーもある方がお出かけがしやすいものです。

ベビーカーも、その他のベビー用品と同様にたくさんの種類があります。生後1ヶ月から使えるA型や生後7ヶ月頃から使えるB型ベビーカーなど、使用時期にも特徴があります。また、車を使用する頻度が高いのか、電車やバスを利用することが多いのかもベビーカー選びのポイントになります。本体の重量や、片手で開閉可能か、自立型かなどがベビーカー選びの重要項目といえます。もちろんすべてを備えていれば良いのですが、なかなかすべてが揃っている商品は見つかりません。生活スタイルに合わせて重要なポイントの優先順位を明確にしておくことが大切です。もちろん、太陽光の反射熱を緩和してくれるハイシートやメッシュ生地、またでこぼこ道などの揺れなど、赤ちゃん目線での選択も大切になります。