最低2〜3本は用意を|敏感な赤ちゃん肌に負担を与えない方法|洗濯は別々にしたほうが良い

敏感な赤ちゃん肌に負担を与えない方法|洗濯は別々にしたほうが良い

赤ちゃん

最低2〜3本は用意を

哺乳瓶

急に必要になることもある

哺乳瓶は、赤ちゃんが産まれる前に2〜3本は用意しておきましょう。母乳の出る具合によっては使わないかもしれませんが、正直それはその時になってみないと分かりません。産後急に必要になって慌てて買いにいくのも大変なので、最低限の本数とミルク1箱は用意しておいた方が安心です。仮に母乳がよく出たとしても、ママの調子が悪くなって薬を飲まなくてはいけなくなった場合、母乳を一時中断する可能性もあります。何かの事情で誰かに預けることになるかもしれません。その時のために、哺乳瓶の練習はしておいた方が良いでしょう。母乳がたくさん出る方は、母乳を哺乳瓶に入れて吸う練習だけさせても良いです。しかし、ミルクの味にも少し慣れさせたほうがいいので、たまにはミルクも飲ませてみましょう。

メーカーにより様々な特徴

色々なメーカーが哺乳瓶を発売していますので、どれにしたら良いか迷うママも多いでしょう。どのメーカーの哺乳瓶も赤ちゃんのことをよく研究して作られてるため、どれを買っても間違いということはないのです。吸い口や瓶の素材も多種多様です。母乳を吸う感じに近いものから、あごをよく使うように工夫されたもの、ガラスやプラスチックなど組み合わせはたくさんあります。ママの好みで好きな柄を買ってもいいですし、迷ったら産婦人科の先生に聞いてみたり、病院で使ってるのと同じものを購入しても良いです。パパに相談して一緒に買いに行くのもおすすめです。一緒に買いに行ったということで愛着がわき、後で哺乳瓶を使う場面になった時助けてもらいやすくなります。